サービス

DroSee 新聞掲載 千葉日報

2月11日の千葉日報にDroSee~旅先ドローン~が掲載されました。

クリックして拡大

来園者も映った動画提供
館山ファミリーパーク

あなたも入った動画をつくりますー。館山市の館山ファミリーパークが、来園者に園内の施設や風景をドローンで撮影した動画を提供する「DroSee(ドロシー)〜旅先ドローン〜」の実施に向けたテストフライトを行った。ポピー畑を起点に来園者を取り込み、園内全域へとアングルを拡大。その場で1分ほどの動画に編集する。ポピーが見頃となる3月からゴールデンウイークにかけて導入予定だ。

来月からドローン活用

ドローンの撮影や映像編集を手がけるアイ・エヌ・ジー・クリエイション(東京)と提携。同社は昨年8月に栃木県の那須高原で1ヶ月間実施。今回が2ヶ所目となる。ドローンで撮影した動画を”旅の記念”に提供する事業は国内では珍しいという。
ドロシーはポピー畑に立った来園者から撮影を開始。その後は低アングルから上空に舞い、360度のパノラマ映像を交え景色を映し出す。来園者には希望の動画タイトルやBGMを選んでもらい編集。約10分間で1分の動画が完成する。動画はインターネット上からアクセスして取り込め、インスタグラムにも対応する。
テストフライトは、高度やカメラアングルからどのような景色が撮れるかなどを確認しながらコース設計を進めた。コースはGPSと連動。
3月からは、ポピー畑近くにブースを設置し、動画を3千円〜5千円で提供の予定。収入の一部が同園に入る。反響は実績を見て通年事業も検討する。
同社の中村秀一郎社長は「春先の南房総は天候が良くて暖かく、観光事業として魅力的。ポピーを真上から見る新たな世界を楽しんでもらいたい」。同園の宇野沢俊治支配人も「園内は広く、飛行の制約がないので最大限活用してもらえれば。動画がSNSに投稿され集客にもつながれば」と期待を込めた。

©千葉日報社